韓国語初級を1年で突破するユルめな勉強法

働きながらでも韓国語の初級レベルを1年でマスターする方法

勉強していてモヤモヤするとき

なんで私勉強してるのか?とか、勉強したところで何になるのか?とか、思うことってありませんか?

新しく勉強を始めたころは、目の前に初めての世界が無限に広がっていて、それはもう楽しくて。悩みなんてなく、ただひたすら勉強していたように思います。

けれど、基礎を終え、初級を卒業し、中級にさしかかったとき、私は、なんだか以前のような楽しさを感じない、、、勉強していても何になるわけでもないし、なんか虚しい、、、などと思うようになってしまいました。というのも、最初の頃にくらべて、実力の向上がいっこうに感じられなくなってしまったからです。そうなると、モチベーションはすっかり低下し、さっきのような思考回路に。勉強もストップし、いわゆる倦怠期状態です。しばらくして何かきっかけがあると、また勉強を始めるのですが、中級以降はこれの繰り返し。

 

そんな時に、読みました。

 

f:id:k3ijimayoo:20200127201658p:plain

『ハーバード×MBA×医師 目標を次々に達成する人の最強の勉強法』

 

この「とにかく頭良さそうな人が書いている頭良さそうなタイトル」に惹かれて、読んだら頭良くなるかもしれないやる気出るかもしれない、と思って読みました。

結果、頭良くはなりませんでした。が、気分転換にはなりました

ので、ちょっと紹介します。

 

内容は、時間管理やリスクマネジメントといった側面から勉強方法を提案しているもので、私はビジネス本に近い印象を受けました。文章も、知的でクールな印象です。

ですので、「頑張ることって素晴らしいんだよ!」とか「いつか必ず自分にかえってくるよ!」とかの、気持ちを鼓舞してくれるような内容ではなかったです。多少そういう期待もあったのでちょっと肩透かしされましたが、読んでいて、ウダウダ悩んでいる時間さえも惜しいのかもしれない、さっさと勉強しようって思いました。

それから、勉強の目的をはっきりさせることを最初に突き付けてくるので、「勉強している目的がわからなくなった」状態で読み始めた私には最初ちょっと辛かったです。ですがそのおかげで、切り替えることができました。

なんで勉強しているのか?そのモヤっとした問いに答えをくれる本ではないんですが、それを考えることで、自分の中のスイッチを入れてくれるような気がします。

 


 

 

 

ランキングに参加しています→→