韓国語初級を1年で突破するユルめな勉強法

働きながらでも韓国語の初級レベルを1年でマスターする方法

短期留学のすゝめ

まず最初に伝えたいのですが、短期の留学で外国語がペラペラになるということは、ほぼ無いです。レベルが初級から上級へと大幅アップ、ということもありません。いろいろな体験談を見ていても、初心者が留学してネイティブと不自由なく話せるようになるには、最低でも半年~1年は必要です。

大前提として、長期で留学するちゃんとした目的と金銭的および時間的余裕がある人は長期で行って問題ないと思います。でも、働いていたり家庭があったりで行きたくても行けない、という人に短期での留学をおススメします。

f:id:k3ijimayoo:20200119230149j:plain

その理由を、説明します。

 

 

旅行感覚で行ける


現在、韓国留学はさまざまな団体・エージェントで主催していて、期間もさまざまです。その中で、2泊3日や1週間、2週間という短期のものもたくさんあります。

2泊3日って・・・!

普通の韓国旅行とさして変わらないです。

「留学」と聞くと、その準備も含めて相当の時間を要するものと考えてしまいがちです。心理的なハードルもあり、時間がない学習者からするとまず無理、と思ってしまいます。でも、旅行だと思うといきなりそのハードル下がりませんか?夏休みや年末年始を利用していくプランもあるので、言わなければ、それこそ周りは旅行だと思うぐらい。事前の準備だって、パスポートさえあればOKです。もちろん、行く前にある程度勉強しておいた方がいいことはいいのですが、無理ならそれもしなくて可。
まずは飛び出してみる。そのとっかかりに短期留学は都合が良いのです。

f:id:k3ijimayoo:20200119230126j:plain

 

リスニング力があがる

 

国語学習において、苦労する人が最も多いとされるリスニング。読む・聞く・書く・話すの4技能の中で、短期留学でもレベルアップできるのがこのリスニングです。なぜなら、家でリスニング教材の音声を聞くのと、現地でネイティブの生の声を聞くのとでは、雲泥の差があるから。たとえわずかな期間しか現地にいないとしてもです。


教材の音声は、勉強の為に何度も聞きます。そしてそれらは、どれも一定のスピードで癖もなく文法も整った文章です。何回も聞くうちに、脳はその法則を学習し、ある程度の予測をたてて聞けるようになります。つまり、わかっていないのだけれどわかったような錯覚をしてしまうのです。家で頑張って勉強したのに、実際の試験の聞き取り問題などでまったく出来なかった、というのがこのパターンです。

 

一方、現地で聞く生の言葉は、スピードも癖も毎回違ううえに話し言葉です。また内容も毎回違います。脳はもちろん予測を立てて聞くことなんてできません。多分、2,3日の留学期間だと、ほぼ聞き取れないままで帰国の途に就くと思います。

って、リスニング力上がってないじゃん!!と思うかもですが、帰国後にまた教材に戻った時、「ゆっくり!わかる!」ってなってると思います。ほらね、レベルアップしてる。
三輪車しか乗れなかった人が、いきなり二輪車を運転させられてオタオタしてるまに、また三輪車に乗ったらあまりに簡単!って思うようなものです。

脳をだますような方法ですが、初級の時期、リスニングにおいてはこれがかなり効くと思います。

f:id:k3ijimayoo:20200119230135j:plain

 

スピーキング力の大切さを知る

 

言わずもがな、人と人はコミュニケーションです。受けてばかりではなく返さなくてはなりません。だがしかし、喋れない。咄嗟に出てくるのは「ネー」ばかり・・・。

頭では何となく文章を作れるのだけど、咄嗟に口には出てこないのが外国語です。あれだけ勉強したのに、と落ち込むことしきりでしょう。でも、その喋れないという現実を如実に知ることができるのも、語学留学ならではだと思います。

旅行であれば周りに助けてくれる人はたくさんいます。喋れなくてもなんとかなってしまうのが旅行です。しかし留学となるとそうはいきません。しかも自分から話さないと置いて行かれる一方です。

短期の留学ではこれまたほとんどレベルアップを感じぬまま帰国となるでしょう。前述のリスニングの様に、帰国したらあらしゃべれる、ってのもないです。

しかし、喋れなかったことの悔しさ、そして少しでも話せてそれが伝わった時の嬉しさはすごく感じると思います。このあたり、独学ではなかなか感じることができない部分です。

レベルアップはできないけれども、スピーキングに対する考え方を変えるきっかけになると思います。

f:id:k3ijimayoo:20200119230158j:plain


以上が、私が短期留学をすすめる理由です。でも、今はお家にいながら留学気分を味わえるような語学プログラムもありますし、また、そういったものは使わず地道に家で独学を続けるのも、もちろん有りだと思います。自分にあったスタイルでやれることが学習継続の一番のコツですから。ただ、もし「留学してみたいな」と思っていて、でもなかなか勇気が出ないとなっている人がいたら、上記が少しでも参考になれればと思っています。

 

 

ランキングに参加しています→→